菊水が開発したノウハウが一杯詰まった自慢の工場。本当は企業秘密が一杯ですが、今日はこのページを訪れてくれた皆さんのために特別にチョットだけ開放しちゃいましょう。ラーメンが出来上がるまでの製造工程に沿って、さぁ、工場見学に出発です!

菊水の麺ができるまで

1.原料

原料

これは「サイロ」と呼ばれている、小麦粉のタンクです。特殊なトラックで運ばれてきた小麦は、いったんここに保管されます。


2.調合水

練り水

ラーメンを作るために使われる水は「かんすい」という特別な水です。水にアルカリ分や食塩をタンクの中でよく混ぜて冷やしておきます。


3.練り(ミキシング)

練り(ミキシング)

この機械は「ミキサー」と呼ばれています。この中にサイロから送られた小麦粉と冷やされたかん水が入り、粘りが出るまでよく練り合わせて、めんのもと(麺粒)を作ります。


4.麺帯づくり

麺帯づくり

ミキサーで練られた麺粒は、ローラーに押し込まれ、延ばされて帯状の「麺帯」になります。


5.麺帯複合

麺帯複合

麺帯をローラーで延ばして帯状にした「麺帯」を2枚分合わせ、もう一度ローラーに入れます。この作業を複合といい、ラーメンのコシを出すための大事なポイントです。


6.1枚に合わされた2層の麺帯

1枚に合わされた2層の麺帯

2枚を重ね合わせた麺帯は再びローラーで延ばされます。


7.巻取り(熟成)

巻取り(熟成)

小麦粉の中の「グルテン」という粘りやコシを出す成分が十分に発達するように、複合が済んだ麺帯を巻き取って熟成します。


8.延ばし(圧延)

延ばし(圧延)

熟成により麺帯に弾力が出たら、ラーメンの厚さまで少しずつ薄く延ばしていきます。


9.麺線カット

麺線カット

薄く延ばされた麺はここでラーメンの太さと長さに切られます。札幌ラーメンの特徴である「縮れ」もここでつけられます。


10.包装用に成型

包装用に成型

麺」を包装袋に入れるために、一食、一食をバケットに入れて包装機に送ります。


11.麺の包装

麺の包装

一食づつ個包装されます。


12.セッティング

セッティング

出来上がった麺をスープと一緒に包装し、箱詰めを行います。
寒干しラーメンの場合は、乾燥した後の麺を同じように包装します。


13.完成

完成

10℃以下に冷やされた製品は、冷蔵トラックでスーパーなどいろいろなお店に運ばれていきます。
お店にならんだ商品には、お客様においしく召し上がって頂きたいという菊水の願いが込められています。


お役立ち情報

株式会社菊水の商品について皆さまのお役に立てる情報をご紹介します。

楽天:菊水オンラインショップ

モバイルサイトもご覧ください。