地域とともに。~江別小麦ハルユタカ~

江別産小麦ハルユタカを使った新しい麺の開発にも取り組んでいます。

江別の発展を支援する江別経済ネットワークの発足から。

江別小麦ハルユタカ

菊水では全国各地に自社商品を送り届けるマクロスケールの事業を展開する一方、北海道に根付き地域活性化の一助となるプロジェクトにも積極的に取り組んでいます。その一つが地元江別市で栽培された強力小麦「ハルユタカ」を使った商品開発です。

この江別小麦めんに係わる動きは、江別の貴重な資源の有効活用を主旨とする個人参加の異業種交流グループ「江別経済ネットワーク」発足に端を発します。その第1回のミーティングの席で、当社社長である杉野や他のメンバーが、ハルユタカを利用した「江別の麺の事業化」を提案しました。その後、マスコミからの取材、各種イベントの開催、さらに小麦農家・研究機関の「江別経済ネットワーク」への参画も追い風となり江別小麦めんの商品化構想が加速。平成16年あけには前年収穫したハルユタカを用いた江別小麦めんが江別市内の飲食店にて提供されました。同時に消費者からの市販の要望も高まり、江別ブランド「江別小麦めん」関連商品は続々と開発されています。

地域で連携しながら一貫したモノづくりのシステムを確立。

江別小麦めんプロジェクトは、小麦の栽培から製粉さらに麺の製造(菊水)まで「オール江別」という点にこだわる一方、子供たちの学習に取り入れるなど、斬新なアイデアを盛り込みながら江別市全体で取り組んだのが、最大の特徴です。その結果、生産者から消費者の間に存在する異業種の距離を大幅に縮め、地域内での連携したモノ作りのシステムが確立されたのです。販売実績も初年度だけで104万食、3年目には260万食を超え、当初の3年間だけでも28億円の経済波及効果をもたらしました。 また、ご当地ラーメン的なものとは異なり、麺をベースに様々な食に波及していることから、現在では市内20軒のお店で100種類のメニューが考案されるまでになっています。これらの江別小麦めんメニューは、市内でしか食べることができないため、コレを目当てに訪れる方が増加するなど、様々な波及効果も生みだしています。麺製造企業から麺製造を媒介に街や人と連携していく企業へ。地域の明日を見据えた菊水の取組みはまだ始まったばかりです。

菊水の取り組み
江別小麦めん

2004年、江別の地域ブランドラーメンである「江別小麦めん」が登場しました。小麦の栽培、製粉、製麺まで100%江別産の顔の見える商品です。ハルユタカ小麦の旨みを最大限に引き出した「江別小麦めん」は菊水と市民や農商工業者が連携して築き上げた江別の宝物です。

ハルユタカについて
江別小麦ハルユタカ

ハルユタカは、1985年に北見農業試験場が育成した春まき小麦です。それまで国産小麦は輸入小麦の増量材的な役割でしたが、ハルユタカはラーメンにすると、すべりとモチモチしたコシのあるおいしい麺になります。しかし、雨に弱く収穫量が低いことで作られなくなり「幻の小麦」と言われていました。

江別市の小麦生産者
ハルユタカ生産者

江別市では、かたおか農園の片岡氏が普及員と相談し、根雪直前に播種するハルユタカの初冬まき栽培に先駆的に取り組み、1992年には前年の3倍近い収量と品質向上を実現しました。その後、1998年に「江別麦の会」が発足し、今ではハルユタカの初冬まき栽培は江別市の小麦農家全戸に広がり「麦の里えべつ」の大きな力となっています。

北海道へのこだわり

株式会社菊水は地域に根ざした商品開発を通じて、地元経済の発展に寄与しています。

楽天:菊水オンラインショップ

モバイルサイトもご覧ください。